City Hotel ジェノヴァ 4つ星ホテル

  • italiano
  • English
  • español
  • français
  • Deutsch
  • русский
  • 日本語
  • 中文


ホテルの歴史 - Best Western Plus City Hotel ジェノヴァ

到着日 到着日
出発日 出発日
お部屋のご利用人数
大人 子供 幼児
12歳以下 3歳以下
プロモーションコード、または法人アカウントをお持ちですか?
コード/アカウント番号を入力してください
ベストウエスタンのリワードメンバーですか?
メンバーシップ番号を入力してください

前世紀の初め、ピエドモントにあるロワー・ラグーナの小作人の息子エリネオ・カスタネッティが、コンスタンティノープルで働くためにトルコに移住しました。 そこで非常に幸運なことに、彼は一流ホテルであるペラ・パラスの支配人になりました。
イタリアに戻った彼は、デルフィーナ・ベルトーラと結婚し、彼女とともにサヴォーラにホテルイタリアとホテルリヴィエラをオープンしました。 息子のフランチェスコが誕生した後、エリネオの商才と起業家精神にあふれた精力的な活動により、リグーリアのリヴィエラで多数のホテルを買収することになりました。 この中にはスポトルノのパラスホテルもありました。このホテルは第二次世界大戦中に、高等司令官の邸宅としてドイツ占領軍により要求されたものですが、現在は高級邸宅に生まれ変わっています。 フランチェスコがリヴィア・.プレリアスコに出会ったのはこのパレスでした。当時15歳だった彼女はサリチェート出身のピエドモントっ子で、有名な5つ星ホテルのバーで働いていました。
二人は結婚してジェノヴァに移り、ホテルドゥオーモ(サン・ロレンツォ教会の隣)、シティホテルを次々にオープンしました。 好況が続き、世紀初頭にイタリア移民の帰国旅行が相次いだことから、一族のホテルには宿泊客が押し寄せました。 各部屋にバスルームを設置した先駆けであるシティホテルは、市内のホテルの基準となり、リヴィアは別名「おもてなし婦人」と呼ばれるようになりました。
フランチェスコの息子であるジャンフランコが、経済不況とジェノヴァ衰退時代に経営を引き継ぎました。 その後ホテルシティはベストウエスタンチェーンに加わり、経営精神を持つモダンな企業の特性を帯び、新進の精神とジェノヴァのホテル業界におけるプレステージ的存在であることをもって暗黒の時代を乗り切りました
カスタネッティ家はその後、水族館近辺にベストウエスタン ホテルポルト・アンティーコをオープンするという新しい冒険に乗り出すことを決めました。これは観光客を引き付けるジェノヴァ最新の施設となっています。
この頃、ジャンフランコはポーランド系のアレクサンドラ・コスに出会い、結婚してアンブラとテーアが生まれました。 アンブラは古典的でアートに興味があり、テーアは祖母のリヴィアのようにバーで働くのが夢でした。 ここからまた新しい愛のストーリーが始まり、おもてなしの精神も生まれ変わっていくでしょう。

Powered by Present S.p.A.

Mobile version View Desktop version